グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 運営会社 > TEDミッション

TEDミッション

今津 紀貴

代表取締役 今津 紀貴

初めまして。
このたびは当サイトをご覧くださり、誠にありがとうございます。
弊社代表の今津です。
弊社では
「展示会ブース装飾を通じて、企業発展の支援と社会貢献を実現する」
をミッション(使命)に掲げ、事業活動をしております。

企業はなぜ、展示会に出展するのでしょうか?
「売上拡大」「販売促進」、「お付合い」など各企業により理由はさまざまです。
しかしどの企業様にも該当するであろう一番の出展理由は、「新規顧客獲得」です。

新規のお客様を獲得するために、展示会に出展し、自社の商品・サービスをPRします。 一方、来場されますお客様は、出展企業様の商品やサービスを「見る、体験する」など新しい情報収集や仕入れ、商談を目的に来場されます。

また展示会には競合他社も同じ目的で出展されます。

来場されますお客様に、自社ブースへお立ち寄りいただくためには、他社ブースとの明確な差別化と自社ブースへの集客を行わなければなりません。

ここで1つ考えていただきたいことがあります。

ブース装飾は誰のために、そして何のためにするのでしょうか?
「目立たせるため」、
「自社への集客のため」、
「競合他社との差別化のため」、
どれも正しいと思います。

弊社が考えるブース装飾は、視点が異なります。
「来場者様に、他社ブースとの違いを明確にし、分かりやすく、的確な情報をご案内するためにブース装飾が必要になる」と考えております。

展示する商品が違うとしても、パッケージブースのような画一的なブースでは、どれも同じような会社にしか見えません。
違い(差別化)が来場者様に伝わらなければ、お立寄り(集客)いただくことはできないのです。

例えですが、

東京ブックサイト(展示会場)という本屋さんに、たくさんの本(ブース)が陳列しています。
何かいい本(ブース)があったら、取り出してみようかといろいろ探してみました。
しかしどれも背景が真白で、タイトルが黒文字のみ(装飾なし)でした。

全ての本がこの2色使いでしたので、どこに自分が欲しいと思える本があるのか、そしてどれを選んでよいのか、全く分かりませんでした。本はたくさん陳列されていたのですが、いろいろ探しているうちに疲れてしまい、結局欲しい本を見つけることが出来ませんでした。

私は暇さえあれば、本屋さんに行き自分に必要な本を探しているため、身近な例として展示会を本屋さんに置き換えてみましたが、本質は同じだと思います。 ちなみに、もしこんな本屋さんがあったら私は行きません。

時間の無駄ですから。(来場者様も貴重な時間を削って会場に来ていると思います)

長くなりましたが結論は、
来場者様のためのブース装飾が結果的には、「新規顧客獲得のためのブース装飾」に繋がると当社では考えております。

「目立つ、斬新、明るい、ブランディングされたブース」などお客様のご要望はさまざまです。
「自社商品の良さをPRしたいけれど、うちは大手のように予算がないから装飾できない」とお考えのご出展担当者様。
少ない予算でもやり方と工夫次第で装飾は可能です。

弊社は設立間もないとても小さな会社ですが、中小企業様から、上場企業様、テレビCMでお馴染の大企業様まで、すでに多くの出展者様より、ブース装飾のご依頼を承っております。

「迅速な対応」、「低コスト」、「新規顧客獲得のためのブース装飾プランの考案」、「プラン考案から施工撤去までの一貫請負」など出展者様にお選び頂ける理由が多々あります。

弊社の代表は15年前宝飾メーカーに勤務しておりました。
当時は出展者として 「国際宝飾展」、「JJF」、「ギフトショー」などの展示会に参加しておりました。
その頃の装飾業者に対する印象は、「コストが不透明」「いい加減な対応」「なんだか怖そう」といった感じでした。
そして今は、自身が感じた逆のものを自社のサービスに取り入れ、 出展者様の視点でブース装飾を承っております。

当社が選ばれる一番の理由は、「出展者様と同じ目線で取り組む姿勢、そして展示会出展を成功して頂きたいと、本気で考えている」という思いが出展ご担当者様に伝わるからだと自負しております。

弊社ではお客様が抱えるブース装飾に関する問題点やお悩み事を解決しております。
そしてこれらを解決することが弊社が掲げるミッションに通じると考えております。

長文お読み下さり、ありがとうございます。
代表取締役 今津 紀貴

まずはお気軽にお問い合わせください


  • 展示会ブース 装飾実績一覧
  • ご利用のメリット

下記雑誌媒体で取材を受けました

画像をクリックすると詳細ページが表示されます

VENTURELINK 展コミ