グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



成功のポイント

ホーム > 成功のポイント > Point1:参加の是非

参加の是非

来場者数の実績は通常、主催者が公表する。

だが数字を容易に頼ってはいけない 。

テーマが広すぎればそれだけで来場者の性質も拡散するので、
慎重に判断したい 。
Point1:参加の是非
なぜ展示会に出展しますか?
それは、「新規顧客を獲得し売上げUPを目指すため」だと思います。
しかしここで考えて頂きたいことがあります。
それは、「自社が求める顧客がその展示会にどれくらい来場するのか?」ということです。

展示会に出展しても、ターゲットと接することができなければ、出展する意味がありません。
展示会に出展する理由は、「協会とのつながり」、「事務局から出展の誘いがあったから」大手企業などは、「毎年予算組されているから」、など各企業により、出展理由が異なります。
また、展示会によっては、テーマを幅広く設け、多くの来場者数(母数)獲得を狙っています。
自社の顧客は企業向け製品ですが、出展する展示会は一般消費者向け(BtoC)の展示会だったりする場合もあります。

展示会出展の申し込み時に考えるべきことは、「ターゲットが来場者の中にどれくらいいるのか?」という点です。本当に参加すべき展示会なのか再度検討が必要です。

ここをチェック!

  • 各企業により出展理由は異なる!
  • 展示会に出展する目的の再確認!
  • ターゲットがどれくらい来場するのか事務局に聞く、または資料などから分析する!